岩手県立宮古病院

岩手県立宮古病院-臨床研修のご案内

初期研修のご案内

岩手県立宮古病院 基本理念・基本方針・研修規程

基本理念

 地域の皆様の健康と命を守るために

  1. 基本的な診療能力を身につけ、頻度の高い日常的な疾患に対応することによって、良質な医療を提供できる
  2. 人格や個性を尊重した全人的な診療を通じて、信頼され親しまれる研修生活を送る
  3. 医療における安全管理・感染管理など、チーム医療の重要性を理解し実践することでは働きがいのある病院づくりに貢献する
基本方針

 少人数のアットホームかつ自由度が高い研修を目指し、指導医のもとで

  1. 早朝から安全でやさしい医療を、誠実さと思いやりをもって実践する
  2. 救急診療に積極的に取り組む
  3. 地域での保健・福祉活動や他医療機関との連携に取り組む
  4. 質の高い医療を提供するために、科学的根拠を大切にする
  5. 職場に活気と働きがいを提供するソースとなる
  6. 豊かな自然の中で育まれる研修生活を通じて、病院を支えるちからとなる 
研修規程
  • 岩手県立宮古病院臨床研修実施規程
  • 岩手県立宮古病院臨床研修医服務規程
  • 臨床研修医師取扱要領
  • 岩手県立宮古病院初期研修医の診療内容等に関する細則
  • 岩手県立宮古病院シミュレーター研修実施規程
  • 岩手県立宮古病院初期研修医救急医療研修規程

「岩手県立宮古病院研修プログラム」 特徴

1年目

①内科(必修科目)を25週とし、消化器内科、呼吸器内科、循環器内科を各8週を目途に経験する。

②救急(必修科目)を4週とし、外科に所属する。

③外科、小児科、産婦人科を必修科目として各4週とする。

④選択必修科目および自由選択は10月以降とする。

⑤基本ローテートは、年度当初の27週を内科、10月以降の4週を外科、その後の4週を救急(外科所属)
 12月以降を小児科・産婦人科の各科4週のローテートとし、研修医数によって調整する。

⑥宿直については、22時までとする。

2年目

①地域医療研修、精神科は2年次以降とし、一般外来研修を含めるものとする。(在宅医療を含む)

②一般外来研修の実績が20日間に満たない場合は、選択研修時に外科、小児科外来を経験する。

③救急(必修科目)12週のうち、8週については、2年次研修中に当直を週1回行い、年40回以上とする。

(4週を20回としてカウントする)

協力病院
  • 岩手県内研修病院が協力病院となっており、希望に応じて内科と救急分野の研修が可能です。
マッチングプログラム 参加
研修病院タイプ 基幹型 協力型
研修医数 5名(1年次2名、2年次3名)
<男女内訳> 男性5名:女性0名
研修医の主な出身大学 岩手医科大学、山形大学、自治医科大学、東北大学、福井大学、鹿児島大学、弘前大学、産業医科大学、秋田大学、鳥取大学
カンファレンスについて 研修医症例報告会、救急症例検討会、
宮古医師会合同カンファレンス(月1回)等
研修修了後の進路 岩手医科大学、東北大学、岩手県立宮古病院、岩手県立釜石病院、岩手県立中部病院
関連施設 宮古病院附属重茂診療所
関連大学医局 岩手医科大学
病院見学日 随時 お問い合わせはこちら
試験日程

2021年8月8日(日)
マッチング結果、定数に満たない場合は随時受付・面接

選考方法 岩手県臨床研修病院合同面接会(盛岡市アイーナ)にて面接
応募資格 医師国家試験合格予定者
マッチングプログラム参加者
採用予定人数 5名
昨年度の受験者数 2名
処遇 身分
 会計年度任用職員
給与(卒後1年次)/月額 
 360,000円 (税別) (手当含まない)
 賞与、当直手当、超過勤務手当、オンコール手当など
給与(卒後2年次)/月額
 410,000円 (税別) (手当含まない)
 賞与、当直手当、超過勤務手当、オンコール手当、退職手当など
社会保険
 あり
医師賠償責任保険
 組織として加入しております
宿舎・住宅
 あり
福利厚生
 健康保険(2年次から共済組合へ加入)、厚生年金、労災、雇用保険あり
当直回数/月
 1年次:4~6回/月(17:15~22:00)
 2年次:4回/月
当直料/回
 2年次:21,000円/回
産休・育休の取得率
 実績なし
ワークシェアフレックスタイム制度の有無
 あり
再雇用・再研修制度の有無
 あり
応募連絡先

担当者: 事務局次長:髙橋 浩
TEL: 0193-62-4011
FAX: 0193-63-6941
E-mailアドレス: hiroshi-takahashi@pref.iwate.jp