岩手県立宮古病院

岩手県立宮古病院-臨床研修のご案内

  • 患者様、来院者の皆様へ
  • 医療関係者の方へ
  • 地域がん診療連携拠点病院について
  • 臨床研修のご案内
  • 専門医研修
  • 求人情報

医療研修科長あいさつ

  

宮古病院の臨床研修のページにきてくれて、ありがとうございます。

2019年4月から、当院の研修担当をさせてもらうことになりました石黒と申します。

岩手県は広大であるため、複数の医療圏があり、それぞれを代表する病院が地域の医療を支えている状況です。太平洋に面する沿岸は北から久慈、宮古、釜石、大船渡の中核の県立病院では研修医も受け入れて、より地域に根ざした研修を受けていただいております。

当院の守備範囲は宮古市と山田町、岩泉町と田野畑村の一部あたり・・・といえば簡単ですが、8万人超をカバーしていることになります。年間の救急車の受け入れ台数は3000件を超えています。

できるだけ、地域の中で医療が完結するように、虚血性心疾患や脳血管障害、腹部の緊急や骨折の手術、血液透析や抗がん剤化学療法、緩和ケアまで、医師だけでなく他職種の総力を結集して医療を展開しています。このため、医師-患者もしくは家族の関係だけでなく、様々な医療関係者とのかかわり合いのなかで治療や退院調整を行っていく様子を身近に感じながら研修を受けることができると思います。

2020年度からは研修の必須科目が変更になりますし、めまぐるしく変わる専門医制度など、研修医のみなさんをとりまく環境は落ち着いているとは言いにくいです。沿岸での研修で不安を持つ方もいらっしゃるかもしれませんが、岩手県ではイーハトーヴ臨床研修病院群のネットワークがあるので、ベース基地を当院においても、情報交換や「たすきがけ研修」を行うことで、安心して初期研修を続けられると思います。

当院での研修医受け入れは毎年最大5名ですが、これは、指導医たちの目が届くことを優先しており、誰かに声をかけてもらえる/声をかける関係を大事にしているからです。また、「習うより慣れろ」とはよく言ったもので、見学だけではなく直接診察したり処置をしたりする機会が多く、手技とともに頭も働かせることで、身につくことも多くなっていると思います。

三陸宮古の海産物は新鮮で美味ですし、浄土ヶ浜や龍泉洞など観光地も多数あります。働き方改革もありますが、勉強と余暇のバランスが取れた研修~仕事ができる環境だと自負しておりますので、興味のあるかた(このページを開いた方なら特に!)はぜひ一度見学に来ていただければ幸いです。旅費の補助もありますので、ブラウザバックして「見学申し込みフォーム」から連絡ください。よろしくおねがいいたします。

 

 

                岩手県立宮古病院 医療研修科長  石黒 保直